お墓参り

おはようございます。今日は8月13日、地元の普賢寺さんにある水野家のお墓参りに行ってきました。

普賢寺、お墓参り

祖父母が好きだったものをお供えして手を合わせた後、みんなでその場で食べてきました。お墓にあげっぱなしだとカラスに食べられてしまい、せっかく掃除した墓地がすぐに汚れてしまいます。

間違ってもやってはいけないことは、仏壇にあげておいた腐りかけのくだのもなどをお墓にお供えするということです。お墓はゴミ捨て場ではありません。その日の朝、我々が口にしても大丈夫なものを作っていってそれをお供えする。そしてその場で食べてくる。うちのお客様にはそのようなお墓参りの仕方をおすすめしています。

水野家のお墓参りのあと、今度は嫁の実家のお墓参り(専光寺)にも行ってきました。

専光寺、お墓参り

こちらの石碑の字は嫁の祖父が利き手ではない左手で書いた文字だそうです。

元々看板屋だった嫁の祖父ですが、脳梗塞の影響により右半身が麻痺してしまいました。そんな中リハビリも兼ねて左手で書いた字を、水野石材店で彫ったものです。

嫁と知り合う前に、そのことをうちの父から聞いており、すごい職人根性だなと思ったのを覚えています。

お墓の施工中には、うちの父が体の不自由な嫁の祖父を背中におぶって専光寺の石段を登って見せに行ったそうです。そのエピソードをきいたのは、うちの嫁が一番最初にあいさつに来たとき。私もびっくりしました。私が子供の頃に施工したお墓、そのときから縁があったのでしょう。仏縁って言うんですかねえ。

今日は午後から新盆まわり。そして夜からはこれまた地元の保泉寺さんから依頼されている花火を打ち上げてきます。煙火打ち上げの資格もあるので、15発ほど打ち上げてきます。

コロナウィルスの影響でみなさんうつむきかげんで下ばっかり見ているでしょうけど、今晩は上を向けるように頑張って打ち上げてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

制作中の羅漢像

次の記事

花火打ち上げてきました