ビシャンって知ってますか?

こんばんは。水野石材店の水野です。今回はビシャンという道具のご紹介。

ビシャン

少しはが欠けてますが、これがビシャンという道具です。本来ならば、コブだらけの石を平らに仕上げる際の途中工程で使用する道具です。

今現在は、機械が発達しているので、ビシャンを平らにするために使用する頻度は減っています。

今、ビシャンを使う目的としては、石のすべり止め加工に使っているというのが主なものです。

ビシャン加工

今回は切削済みの平らな石の表面にビシャンをかけました。

これはお墓の入り口の石段に使用するものです。

今回使用した石は、国産の吾妻みかげです。大変粘り気がある石です。石質にも特徴があって、この石は硬くて粘り気があります。(粘り気がある石は、彫刻など細かいものに適しています。)

現在では、圧縮したエアーの力を利用した「エアービシャン」という便利な道具がありますし、研磨機に取り付けて、回転させながらすべり止め加工する「ローラービシャン」というものも存在しますが、うちはあくまでも手加工でチャレンジしました。

ビシャン加工の石段施工01

お客さんと打ち合わせした結果、このように施工完了しました。

ビシャン加工の石段施工02

ビシャンで叩いた部分のまわりを5mmほど下げて水はけよくしました。

ビシャン加工の石段施工02

もしも皆さんのお墓が滑りやすくなっていた場合、地元の石屋さんに相談してみましょう。

我々水野石材店も一時間半くらいならどこでも行きます。気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です